スパルタの定義

スパルタの定義


超スパルタ英会話MCEの真の「スパルタ」学習とは?

あなたは、スパルタというときどんな教育をイメージするでしょうか?

学習量がかなり多そう
先生がめちゃくちゃ厳そう
宿題がたくさん出そう

などなど、人それぞれ異なるイメージを持っていることでしょう。

実は、一言に「スパルタ」といってもスクールごとに定義に違いがあります。あなたの思い描いているスパルタとの間に認識の誤差がある可能性もあります。

そこでまずは、一般的に「スパルタ」がどういった意味を示すのかを解説します。

教育業界における「スパルタ教育」の意味

スパルタ教育の歴史

主に教育業界において使われる「スパルタ」は「スパルタ教育」のことを指します。

もともとスパルタ教育の語源は、古代ギリシアのポリス・スパルタで行われていたとされる教育からきています。スパルタは、強靭な戦士をたくさん育成していた国家で、戦士となる男の子たちには厳格で過酷な訓練を施していました。

このポリス・スパルタの歴史的を転用し、現代では厳しい教育一般について比喩として「スパルタ教育」と呼ぶようになりました。

「厳しい教育一般」とは、具体的には次の3つを指す場合が多いです。

学習量の多さ
学習内容の過酷さ
教師の指導や管理の厳しさ

例えば、早朝から深夜まで少しの休憩のみで通しで行われる教育プログラムや、宿題や課題の量が多く難易度が高いプログラム、教師がとても厳しく指導者と受講者の縦の関係が明確な教育スタイルなどが、恐らく皆さんにもイメージしやすいスパルタ教育のイメージではないでしょうか?

実際に、弊社が100人の学生を対象に行った調査でも、スパルタは「学習量が多いからすぐ伸びそう。」「怠けやすい性格だから、厳しく管理してくれた方が勉強が続くと思った。」「短期間で妥協をせずに学びたかったからスパルタを選んだ」などが学習量、学習内容、学習指導の面でスパルタな環境を求めて弊社を受講した人が多くいました。

MCEのスパルタの定義とは?

毎日、予習・復習と実践訓練が必須!スパルタな学習内容

MCEの一つ目のスパルタポイントは、学習内容です。

MCEの学習プログラムは、予習・復習をしっかりとやってこないと講師とのマンツーマントレーニングに参加できない仕組みになっています。

そのため、どんなに忙しいスケジュールでも早朝やすきま時間を使って無理やりにでも勉強をせざるを得ません。

教官とのマンツーマンのスピーキング訓練では、文法や表現、発音のミスに関しては他校の2倍厳しく指摘されると思ってください。

しかし、改善出来た部分に関しては他校の5倍褒めてもくれます。これは、アメとムチというキーワードで弊社が掲げる「アメとムチ」という独自の教育スタイルのひとつです。

1ヵ月で120時間以上!スパルタな学習量分野

超スパルタ英会話の圧倒的な学習量

MCEプログラムは、学習量もスパルタです。

MCEプログラムの受講者は、毎日最低でも2時間以上の自習時間を確保し、平日は週5日、毎日1時間を教官とのマンツーマンのスピーキングの実技訓練に費やします。また、週末には1日8時間カフェトークという受け放題のスピーキングのグループレッスンを受講できます。

当然、宿題や課題の量も多いです。予習の時間を使って指定された教材を用いて1日に文法の勉強を行い単語100個、パターン10個を覚えたり、ライティングを行ったりする必要があります。

すべてが基礎英語力を身につけるために重要な項目なので、コーチの協力のもと限られた時間の中で効率的に英語を学んでいく忍耐と継続力も求められます。そのため、予習や復習に1日2時間以上かることもあるでしょう。

これらを合計すると1ヵ月で120時間以上の学習量をこなすことになります。

ベネッセ総合研究所の調査によると大学受験の成績優秀者の平均の学習時間が約週30時間なので、大学受験生並みの学習量をこなすと言えます。

妥協を許さない日本人コーチ!スパルタな学習管理

超スパルタ英会話の日本人コーチ

3つ目のスパルタポイントは、日本人コーチによる学習管理です。

MCEプログラムでは、専属の日本人コーチが付き徹底的にあなたの英語学習の管理を行います。

コーチはあなたの日々のスケジュールを細かく把握しており、あなたが目指すレベルや現状のレベルをもとに逆算してどのような学習内容を組んでいくのかを決めてくれます。

また、各生徒の特長を記したカルテのシステムを通して、コーチが受講者の英語力や苦手なポイントを完璧に把握しているので、受講者一人一人に合わせた学習方法を提案します。

そのため、受講者は最も効果的な学習法で英語学習を進めることができます。

講師は、海外での就業経験がある実力派ばかりです。そのため、スピーキングを伸ばすためにどんな勉強をすべきかとても実践的なアドバイスを提供できます。

もちろんスパルタな環境なので、課題の提出が遅れたり、明らかに学習を怠っている場合などはコーチからの指摘が入りますが、卒業生の多くはそこまで厳しくコミットしてもらったことで高い意識とモチベーションを保って勉強を続けられたと話しています。

スパルタな環境で続けられるか心配になっても、コーチが二人三脚で歩んでくれるので安心です。

他社のスパルタとの違いを比較

最後に、MCEの定義するスパルタと他社のコーチング英語スクールが定義するスパルタにどのような違いがあるのかを比較しましょう。

他社の英語コーチングは、「スパルタ」という言葉をつかってはいるものの、学習量・学習内容・学習管理のうちどれかひとつの項目のみに特定の厳しさが偏っています。

スパルタ英会話の他社比較表

上記の表を見ても分かるように、学習量のみ多くてコーチの学習管理は緩かったり、逆にコーチは厳しいけど学習量は少なかったりとアンバランスなところが多いです。

そういった意味で、学習量・学習内容・学習管理の3拍子のスパルタポイントが揃ったMCEは、スパルタ中のスパルタ校と言えます。

さいごに

コーチング英語スクールは、スパルタという表現を使いながらも学習量、学習内容、学習管理のどれかいひとつだけが厳しいだけのプログラムを提供しているところが多いですが、MCEは、3つのすべてのポイントにおいて他社以上に厳しく、かつ戦略的なスパルタ学習メニューを組んでいます。

もしあなたが、「短期間で確実に英語を伸ばしたいから、スパルタな環境で学びたい。」「今度こそ、妥協せずに英語を伸ばしたい。」と思っているなら、MCEはあなたにとって最適なスパルタ中のスパルタな学習環境をもったスクールと言えます。

\ ミッションコマンドイングリッシュについて詳しく聞きたい /
  • 『どれくらいハードなのか知りたい』
  • 『自分のレベルでも大丈夫なのか不安』
  • 『目標が達成できるのか聞いてみたい』
このようなご質問にお答えするために、専門のスタッフがカウンセリングを行います。ミッション・コマンド・イングリッシュが、あなたにピッタリのプランをご提案します。

無料個別相談はこちら

0120-504-216